施設の種別
 
  グループホームサンシャインは介護保険法に規定された居宅の中の救護施設です。対象者は要介護者であり、痴呆症状によって自立した生活が困難になった利用者に対して、家庭な環境のもとで、心身の特性を踏まえ、利用者の痴呆症状の温和と悪化の防止を図り、尊厳ある自立した日常生活を営むことができるように、食事、入浴、排泄等の日常生活場面でのお世話や機能訓練等の介護その他必要な援助を行うことを目的としています。

 グループホームの基本理念

  要介護者であって認知症であるものについて、共同生活住居(略)において、家庭的な環境と地域住民との交流の下で入浴、排せつ、食事等の介護その他の日常生活上世話及び機能訓練を行うことにより利用者がその有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができるようにするものでなければならない。


 サンシャインの実践的目標
1 地域との交流、関係づくりに努める。
2 入居者同士が仲間意識を育てられるように支援する。
3 入居者のプライバシーを尊重し支援する。
4 衣食住を考えるに当たり、健康に充分配慮する。
5 入居者に預り金に明瞭性、透明性を持たせる。
6 家族との連絡を大切にして、協力しあう。
7 入居者の家族や地域の関係者等を含めた運営推進会議えお設置する。
8 開催など非常災害時における通報・連携体制や非常災害に際して必要となる
設備の整備について基準上明確化し、平素より訓練を行う。

 施設概要

 定     員  9名
 延べ床面積  211.82u
 建 物 構 造  鉄骨造2階建2階部分

         1階:事務所、児童自立援助ホーム
         2階:居室、食堂、浴室
        
         











Copyright (C) Group Home Sunshine All rights reserved.